Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

注目のNEW!&若手ペア、カップル

夏のアイスショー・ラッシュもそろそろ終わりに近づき、選手たちは新プログラムの完成や滑り込みに入る頃でしょうか。

今回は、今季注目の若手や新結成のペア・カップルについて。

まずは、シニア経験が浅い中で、世界選手権で大躍進を果たしたこの2組。

 

●ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(アイスダンス/フランス)

シニアデビュー2年目ながら、14-15シーズンはグランプリ2勝。

GPF3位、そしてフランスでは2008年以来のアイスダンスチャンピオンです。

個人的には、フランスの伝説的カップルであるアニシナ&ペーゼラ組が大好きだったので、以降、フランスのカップルが出てくるたびに注目しています。

フランスのカップルは何故か、どの組もとても雰囲気があって素敵なんですよね。

今季からはパパ・シゼ(とかになるのでしょうか?)を、イチオシとして応援したいと思います。

 

●隋文静&韓聰(ペア/中国)

バンクーバーでペア競技のメダルを独占し、“ペア大国中国”を築いたかに見えた中国。

しかし、大国の礎を築いたレジェンド、申雪&趙宏博組はオリンピックの金を得て完全引退。

銀メダルの龐清&佟健組も、既にベテランの域に達していました。

銅メダルのペアは「女性の身長が伸びすぎた」という理由で解散を発表。

その後、男性の張昊は若い彭程とペアを組み、ソチ五輪に出場しましたが、結局、中国の五輪メダル獲得はなりませんでした。 

その“ペア大国中国”が復活の狼煙を上げる新エースが、この隋文静&韓聰です。

シニア本格参戦から4年で、ようやく世界選手権のメダルにたどり着きました。

注目ポイントは……コーチが趙宏博!!

往年のフィギュアファンからすると、キス&クライで横に座る姿を見ては、毎回「ふぉー!!!」ってなっています(笑)。

名実共に、レジェンドの意志を継ぐペアとして、ペア大国復活に期待しています。

 

次に、新結成が発表された日本の2組。

●村元哉中&クリス・リードアイスダンス

私はリード姉弟は14-15シーズンを最後に引退だと思っていましたが、それはクリスの膝がもう限界だからだと思っていました。

しかし、引退したのはキャシー。。。

年齢的なことを考えると当たり前と言えばそうなんですけど。

 

そして昨シーズン結成1年目ながら大きな可能性を感じさせた村元哉中&野口博一組の解散。

たった一季での解散は非常に残念でしたが、そのお陰?と言っていいのか、クリスはこれ以上ない新パートナーを得たと思います。

キャシーも、自身のブログで「自分が引退した後、クリスが他のパートナーと組むなら絶対にこの子!」と、全日本での演技を見て確信したと綴っています。

村元にとっても、オリンピック2大会を経験した新パートナーの存在は、大きな成長の糧となるでしょう。

少なくとも、一気に全日本トップクラスには躍り出てくると思います。

彼らが平昌まで頑張れば、ひとまずアイスダンスについては国籍問題の心配もなくなり、ひたすら五輪出場を目指せば良いことになります。

願わくば、世界大会の枠を2枠にできるくらいまで伸びてくれたらな……と。

 

高橋成美&アレクサンドル・ザボエフ(ペア)

 

今シーズン終盤に発表された高橋成美木原龍一組の解散報道には、日本の多くのフィギュアファンが衝撃を受けました。

しかし、振り返ってみれば納得する部分も多かった。

成美ちゃん、マーヴィンと組んでた頃と比べると全然イキイキしてなかった。。。

ここ2シーズン、私はずっとそれが気になっていました。

成美ちゃんとのペア結成当時、木原はペア初心者。

最初ははたから見ててもリフトが恐い!

徐々に安定して難しいポジションも組み入れてきましたが、マーヴィン時代のように空中で次々とポジションを変え、まさに“暴れまわる”という表現がピッタリの本来の成美ちゃんの演技ではなかった気がします。

彼女は、ペアの女性選手としては大きな武器である“小ささ”を持っています。

しかしその魅力を充分に活かすには、やはり土台のしっかりした男性と組む方が良いのかな、と。

さて、平昌に向けて問題になるのは“国籍問題”です。

実はザボエフ選手は、ソチ五輪の時はエストニアの選手とパートナーを組み、ソチ五輪の出場権を獲得したものの、彼のエストニア国籍取得が間に合わず、補欠第1位だった高橋&木原組にお鉢が回ってきたという、妙な縁のある選手。

やはり新結成の須崎海羽&木原龍一組とひとまず日本代表の座を争うことになると思いますが、今シーズンの国内の結果次第で、日本スケート連盟はザボエフの日本国籍取得を視野に入れざるをえません。

果たして間に合うのでしょうか?

多分間に合わないでしょう。。。

これまでの競技人生で国籍問題には苦労してきた2人なので、そこはお互い納得の上での新ペア結成だと思います。

ただ、2組の実力を冷静に評価すると、高橋&ザボエフ組の方がレベルが上だろうな、と思うと、色々と複雑でなりません。

(まだどちらの演技もベールに包まれているので何とも言えませんが……。)

でもとりあえずは、マーヴィンと組んでいた頃のような、笑顔のはじける成美ちゃんをまた見れることに期待したいと思います。

 

付け足しになりますが、アイスダンスの絶対二強、バーチュー&モイヤー組とメリ・チャリは現役続行するのでしょうか?

この2組の動向も、今シーズンのアイスダンスを大きく左右しそうです。

 

そしてGPSのBSでの中継は、やはりペア・アイスダンスを戻してほしいな。

エキシビションも見たいけど、カップル競技がほとんどチェックできない(泣)。