Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

あまりにも不味い紅茶を飲んだ話

今日、深く考えずに入ったデパートの喫茶店で飲んだ紅茶が、あり得ないほど不味かった。

で、こういう時21世紀に生きる我々が何をするかというと、SNSに書きますよね。

書きました。

けど、固有名詞出してdisって、万に一つもバズったらメンドクサイから、店の名前もデパートの名前も伏せました。

次に私がやったのは、リア友しか繋がっておらず、さらに近年UU数がダダ下がりしていて、私の周囲では十人前後しか見ていないと思われるmixiに、デパートと店の名前の情報を追加したことです。

Twitterの内容は自動でmixiに転載される設定にしています。)

mixiで繋がっている人たちは家も近い人が多く、その店に行く可能性もある。

更に同居している母親にもその情報を伝えました。

そして次に何をするかと言えば、「もうあの店に行くのはやめよう」と心に誓うことです。

このままでは問題の店は、私が不味いと思ったことも、周囲の友人・知人に「あの店は不味い」と教えたことも伝わらない。

昨今、SNS食べログに批判を書いて炎上して問題になったりしているけど、本当に不味いならそれは店の人に教えてあげた方がいいんだろうなあ、と思う。

けど飲食店の料理や飲み物が不味かったり、サービスに問題があった時、文句を言うタイミングって難しい。

その場で言うのはなんか気まずい。

後から言うのも、「でも食べた(飲んだ)し」と思うと言いづらい。

虫が入ってたとか明らかに食べられない状態だったらともかく、ただ不味いだけなら黙って残して、黙って「もう行くのやめよう」って思う。

安易にSNSに固有名詞を出して批判するのは問題もあるけど、その店が気付くきっかけにもなるから難しい、という話。

しかし、飲食店だと店員も賄いとかで紅茶飲まないのか?

あんなに不味い紅茶、本当に誰も気づかないのだろうか?という素朴な疑問。

マックの方が100倍ましな紅茶が飲めるよ。