Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

オリンピックで見たいのは日本人だけなのか

平昌オリンピックが開幕して1週間が経とうとしている。

フィギュアスケート団体戦とペア競技が終了したが、スケオタにとって腸が煮えくり返るのは、ペアのSPが全くテレビ放映されていないことだ。

2月14日(水)に中継があるはず?だったのが、カーリングだかアイスホッケーだかに差し替えられてしまい、2月15日(木)の午前2時ごろから録画放送をするというので、録画をしていたがフィギュアのフの字も登場しなかった。

14日は幸か不幸か、スピードスケート女子、ノルディック複合スノーボード男子HPで日本が計4つのメダルを獲得しており、その競技に放送時間が割かれてしまったらしい。

NHKオンデマンドを見たら、14日の14時頃から放送していたらしいが本当だろうか。。。番組表の検索では見つけられず、録画できなかった……。)

今日、朝から録画放送を見て、そのままフリーの中継を見ようと思っていた私は唖然とした。

さらに、今日の10時ごろから放送予定のフリーの中継もなくなり、午後にBSと地上波で録画放送された。

その際、日本人ペアの須崎・木原組の演技とSPトップ3くらいは放映してくれることを期待したが、競技ルールの説明に時間を割いており(それも大事だけど)、SPの放映はなし。

BSでもフリー5組のみの放送で、地上波では最終Gの4組のみ。

地上波では日本人ペアの演技を放送していたが、不自然な編集&カットでPB演技をブツ切り。

普通に放送しても大して尺変わらないから!

むしろ、編集作業がない分、作業時間かからないから!

そんな状況なので、フリーのTOP5組しか見れていないのだけど、ドイツのサフチェンコ&マッソー組がパーフェクト神演技で金メダルを獲得。

中国の隋文静&韓聡組、カナダのデュアメル&ラドフォード組も素晴らしかったけど、細かなミスがあり、SP4位のサフマソが大逆転の金メダル。

過去2大会銅メダルを獲得し、パートナーを変えて5度目のオリンピックでついに金メダルを獲ったサフチェンコの号泣にもらい泣き。

また、銀・銅メダルに終わった中国とカナダのペアとも、お互いに抱き合って健闘を称えあう様子は本当に感動的でした。

今大会、ペアの中継がここまで酷い状況なのは、日本人がメダル争いに絡んでないから?

しかし、オリンピックで見たいのは日本人の活躍だけなのだろうか。

少なくともガチのスケオタは、どこの国の選手だろうと素晴らしい演技には涙するし、日本人以外のメダル獲得に泣ける生き物だから!

4年前、ソトニコワとメリチャリの金メダルに泣いたスケオタが私だけとは言わせない。

アイスダンスは今のところちゃんと放送されそうだが、頼むから村元&リード組の成績に関わらずちゃんと放送してほしい。