Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

世界選手権のハイレベルぶりが、男女ともにハンパない

世界選手権、開幕。

既に男子SP、女子FSは終了し、残念ながら平昌での女子シングルの枠は2枠が確定した。

宮原の欠場は確かに大きな要因の一つだが、それ以上に世界のレベルの急激な進歩がハンパない。

昨シーズンまでなら、本郷・三原・樋口がベストを尽くせば3枠は余裕だったと思うが、今シーズンは3人が死力を尽くしてようやく……というレベルになっている。

 

次回オリンピック、各国の代表枠は以下の通り。

  • 3枠:ロシア、アメリカ、カナダ
  • 2枠:日本、イタリア、カザフスタン、韓国(開催国枠で+1?)
  • 1枠:中国、フランス

今大会、というか今シーズン、一番の衝撃は、個人的にカナダ勢の台頭だった。

まず、ケイトリン・オズモンドがPBを大きく更新してGPSで2位となり、大変驚いた。

以前私は彼女が好きではなかった。

演技は悪くなかったが、2年前までの彼女はフィギュアスケーターとして真面目に練習をしていたらありえない体形だった。

それが、1年休んで復帰したら相当絞り込んできて、見た目からして全く違う。

筋力をつけたら体力もついたのか、ジャンプが安定し、元から持っていた表現力、スケーティングの美しさが爆発した。

そして、彼女の後を追うように、ガブリエル・デールマンも頭角を現し、カナダは世界選手権で史上初のダブル表彰台である。

この二人がオリンピックでどんな演技を魅せてくれるか、今から楽しみである。

カナダは、ジョアニー・ロシェットの引退後、低迷期が続いていたが、これで脱出したと言っていいだろう。

 

このカナダ勢、そしてアメリカのカレン・チェンなど、若い世代の活躍を引っ張っているのは、確実にロシアのメドベデワである。

弱冠17歳であるが、世界選手権二連覇を果たし、目下次のオリンピックでは金メダル最有力候補。

このピークを来シーズンまで維持するのは容易なことではないが、彼女の場合少しくらい調子が落ちても負けない。

一方、ポゴリラヤとソツコワの自爆は予想外だった。

メドベデワはともかく、他の2人は来シーズンどうなるか、誰も分からない。

トゥクタミシェワやリプニツカヤの復活もあり得るし、ずっと休戦状態のソトニコワも恐いし、ジュニアWC優勝のザキトワも上がってくる。

最大の3枠があるとはいえ、世界一熾烈な代表争いになるだろう。

 

一方、3年もの間出場停止処分のために出られなかったイタリアのコストナーが、このレベルに食らいついていることも凄い。

彼女は浅田真央アシュリー・ワグナーと同世代。

復帰後、ヨーロッパ選手権では3位に入り、ロシアの牙城を崩した。

もし、あの出場停止処分がなければ、ソチの銅メダルをもって引退したのではないかと思われるが、処分を受けたことで逆に復帰してきた。

何とかもう一度五輪に出て、引退の花道としてほしい。

 

その昔、浅田真央が「200点超え」を目標にしていて、当時は「男子じゃないんだから……」と思っていたが、今や200点超えは表彰台ラインの1つの目安となっている。

一方男子もSPは神演技連発で、得点がハイパーインフレ状態だった。

90点を超えてもTOP6でフリーを滑れない……。

合計300点を超えても、メダルを獲れない可能性すらある。。。

 

女子FSは、SPと比べると自爆大会になってしまった。

ここ数年、男子は4回転を複数組み込む高難度プログラムを各選手が用意するために自爆大会になりやすいが、今年は果たして……。