Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

「電車内での化粧」についての個人的意見

東急電鉄のマナー広告が炎上しているようです。

ii.tokyu.co.jp

こちらの「車内化粧篇」というのが大炎上。

広告では、「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ。」というコピーに、電車内で化粧をする女性と、それを嫌そうに見つめる女性の写真が載っています。

いつ公開されたのか、正確なところは不明だがあっという間にTwitterで炎上し、こんなことに。

matome.naver.jp

色々な批判がある中で、

「電車で化粧の何がいけないんだ?」

「空いている電車内で、足を揃えて座って化粧してるくらい、迷惑かけてないからいいじゃないか」

という意見が余りにも多いので、本当に驚いた。

「電車内での化粧はNG」というのに「マナーだから」という以上の理由が必要なのか?

いや、必要だとおっしゃる皆さんになぜNGなのかを説明しよう。

化粧ってのは、“化ける瞬間”を他人に見せてはいけないんだよ!

これはさー、マナーでもあるけど女のプライドの問題でもあると思うんだよ。

だってカッコよくないじゃないか。

電車でメイクしてる子らも、友達と一緒にいたら電車ではメイクしないでしょう。

彼氏の前ではやらないでしょう。

友達と一緒にトイレに行ってメイクを直すことはあっても、電車で一緒にメイクしないでしょう。

知り合いの前では「カッコ悪いこと」だと思ってるからやらない、なのに赤の他人の前では何故できてしまうのか?

こう書くと、また「女だけがいつもピシッとしてなきゃいけないのか!」みたいな意見が出るけど、男も女もないよ。

てゆーか、メイクしてる男性が電車でメイクしてるの見たことないし、男性の方がよほどそういう矜持を保っているよ。

おっさんだって、電車の中でハンカチで汗を拭くくらいは許容範囲かと思うけど、ワイシャツのボタン開けて胸元までハンカチ突っ込んでたらダメでしょう。

同じですよ。

酔っ払いの方がよほど迷惑とか、イヤホン音漏れを注意しろとか、他のマナー違反と比較して「これは認められるべきだろう」というのもおかしい。

そもそもこの広告では、複数のマナー違反を取り上げていて、今日の夕方の時点では「歩きスマホ」と「車内化粧」がUPされていた。

その後炎上を受けてからか、現在「整列乗車」と「大きい荷物」が追加されている。

「車内化粧」だけが取り立てて非難されているわけではなく、数あるマナー違反の一つとして取り上げられているに過ぎない。

ここまで書いても「明確な理由がないと納得しない」という方に、私が考えうる割と論理的な理由を考えてみた。

1、危ない

ま、単純に危ないと思います。

それで自分が怪我するだけなら自業自得だけど、たまたま見てしまった方としてはハラハラすることこの上ない。

特にアイメイク関係!

以前、よく揺れることで有名な某電車で、立ったまま上手くバランスを取ってメイクをしている女性がいたけど、マスカラつけてる時なんてほんとハラハラしたよ!

座ってればいいのかって思うかも知れないけど、急ブレーキとかで鼻に口紅突っ込んだとかたまに聞くので、やっぱり危ないと思う。

2、お水に間違われる(特に外人さんから)

欧米では、公共の場で化粧をするのは、プロの女性が男性を誘っている合図だと受け取られるようです。

ここは日本だ!と思うかも知れませんが、これだけ海外から観光やお仕事で多数の外国人が来日している中、電車で化粧する女性をそういう人だと思い込み、しつこく声をかけられたり、無理やり連れ込まれそうになるなどのリスクがあります。

 

というわけで、公共の場でのメイクはやっぱりマナー違反だと思うのです。

フェミニズムとかジェンダー論とか、そういう問題じゃないよ。