Fleur de Noir

日々の思いの丈、映画、本、TV、もろもろ。

全日本フィギュア表彰台と、世界選手権代表予想

GPFの興奮もようやく落ち着きを取り戻した今日この頃、明後日からはいよいよ全日本フィギュアが始まります。

一応、後出しにならないように開幕前に予想記事を。

 

まずは前提条件。

今季の世界選手権選出の条件はこちらです。

①1人目は全日本選手権優勝者を選考する。

②2人目は、以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して決定する。

 A) 全日本選手権2位、3位の選手

 B) グランプリ・ファイナル出場者(①の選手を除く)上位2名

③3人目は、以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して決定する。

 A) ②の A)又は B)に該当し,②の選考から漏れた選手と全日本選手権4位~6位の選手

 B) 全日本選手権終了時点での ISU ワールド・スタンディングの日本人上位3名

 C) 全日本選手権終了時点での ISU シーズンベストスコアの日本人上位3名

※ 尚、過去に世界選手権 3 位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記の選考対象に含まれなかった場合には、世界選手権時の状態を見通しつつ、選考の対象に加えることがある。

日本スケート連盟のHPより)

 

昨シーズン大揉めに揉めた反省を踏まえ、怪我をした有力選手への救済策が強調されていますね。

仮に羽生が、中国杯の怪我が重く、全日本までに完全復調しなかったとしても、世界ランキングと実績で、世界選手権には出れそうです。

 

ということでまずは男子。

順位の前に、少なくとも選考対象に引っかかるTOP6は、

で、ほぼ間違いないでしょう。

日野龍樹田中刑事もいますが、今季の調子を考えるとこの6人より上に行けるとは思えません。

本草太も恐いですが、Jr.ファイナルの宇野との得点差を考えると厳しそう。

ただ、唯一TOP6から落ちそうな小塚の調子次第では、日野や田中のTOP6入りがあるかも知れません。

さて、順位です。

1:羽生結弦

2:町田樹

3:無良崇人

4:宇野昌磨

5:村上大介

6:小塚崇彦

とりあえず、羽生と町田は堅いでしょう。

GPFの結果を見るに、羽生は無敵だし、町田も卒論から解放されているはず!

町田の持ち点を考えても、ベストで滑れば3位以下に大差をつけての2位。

しかしさすがに羽生に勝つ道筋は考えにくい……。

問題は3位以下です。

羽生・町田の2TOPが不動の地位を築いているため、第三の男争いが壮絶すぎる日本男子。

一応、GPF出場の実績と期待を込めて無良を3位予想としました。

宇野はJr.ファイナル優勝して上り調子と読んで、期待も込めた4位予想。

演技時間が30秒増え、要素が1つ増えるので(4回転2本の構成に変えるという話もあるし)、パーフェクトに滑れば不可能ではないはずです。

村上はNHK杯から少し時間が経っていることと、実績の少なさからプレッシャーが心配ということで5位予想。

小塚は、やはり足の調子が思わしくなく6位としました。

 

さて、世界選手権の代表争いですが、羽生・町田・無良の3人で表彰台が埋まれば、代表争いも揉めることなくすんなり決まるでしょう。

しかしシーズン前半の成績と、表彰台が一致しないのが全日本。

問題は、何か番狂わせが起きて、2位または3位に村上や小塚が入ったり、もっと大番狂わせが起きて、3位が宇野、4位に村上または小塚がきたり、というパターンです。

今季前半にそれなりの成績を残している無良ですが、NHK杯優勝の村上や過去の実績のある小塚が、全日本で無良より上に立つとややこしくなってきますね。

個人的には、無良がダメなら村上推しです。

小塚がダメ、というよりは小塚は休め!(できれば手術をしろ!)と思うからです。

しかし、私の予想では羽生・町田・無良でワンツースリーなので、世界選手権の代表もこの3人で決まりです。

宇野昌磨は、来季のシニア参戦がほぼ確定かと思いますが、Jr.ファイナルに続き世界ジュニア王者のタイトルも手にして、箔をつけてからシニアに乗り込んでもらいたいです。

また、宇野の順位と他選手との絡みや希望によっては、宇野の四大陸派遣、という可能性は充分あると思います。

 

次に女子。

順位はともかく、女子のTOP3は本郷・宮原・村上の3名でほぼ決まりかと思います。

しかし、恐いのがJr.ファイナルで3位に入った樋口新葉

何が恐いって、先日の全日本Jr.での得点が180点台!

なんと、シニアも含め今季の日本女子全選手の中での最高点だそうです。

シニア3名の中に割って入る、それどころか優勝の可能性もあります。

が、仮に樋口が優勝したとしても彼女は年齢制限で世界選手権には出られません。

よって、代表3名の選出には影響がないでしょう。

他、シニアには今井・大庭などもいますが、やはりTOP3が頭一つ抜け出ている感じがします。

 

さて、順位は分かりませんが予想記事なので無理やり順位を予想します。

1:村上佳菜子

2:本郷理華

3:宮原知子

1位は期待を込めて村上。

上がごそっと引退・休養した今季、全日本タイトルいつ獲るの!?今でしょ!(←古い)

下からの突き上げも激しく、今の村上にとっては千載一遇のチャンスだと思うのでぜひモノにしてほしい。

村上のシニアデビュー2年目以降の不振は、ひとえに“もってない”ことに全て集約される気がするので、そろそろ何かあってもいいんじゃないか。

本郷は、GPS2戦上り調子だったことと、優勝したロステレコム杯は補欠出場で、その優勝があってGPF棚ボタ出場だったので、今季来てる!ということで期待の2位。

宮原は悪くはないけど今一つ突き抜けない感じで3位。

が、とにかく世界選手権の切符を掴んで、3月に花開かせてほしい。

 

という感じで男女共に予想してみました。

ちなみにペアとアイスダンスの枠は今季あるのかと心配でしたが(全く報道されないので)、共に1枠ずつあるようですね。

これはもう、リード姉弟と高橋・木原組で決まりでしょう。

世界フィギュアでは、カップル競技も放送してくれることを切に望みます!(昨季は放送してたし!)